ケガの治療について

保険適応の症状について

保険適応の症状について日常生活で起こったケガのなかで、原因が明確な急性症状に対しては保険が適用されます。
主な症状としては、骨折・脱臼、ねんざ・打撲、肉離れ・腱断裂、靭帯損傷などのケガが対象となります。また、寝違えやぎっくり腰なども保険適応となりますので、痛みを我慢せず早めに治療院へ通院することをお勧めいたします。

腰痛や肩こりなどのご相談を受けるケースが非常に多いですが、慢性的な症状は基本、保険適応外となります。しかし、患者様自身が腰痛・肩こりと判断していても、実際は違う症状である場合も御座います。自己判断せず、一度専門家に診断してもらい、当院のような治療院で原因を見つけてもらいましょう。

スポーツのケガについて

スポーツ外傷について

スポーツ外傷についてスポーツに励んでいる方は、外傷を引き起こすことが多いと思います。サッカーやフットサル、ラグビーなどの球技は、捻挫や打撲が多い競技です。野球やテニスなどは肘・肩などの損傷、バレーボールやバスケットボールなどでは突き指してしまう方が多いです。陸上をされている方は肉離れやふくらはぎの損傷が多くなります。

外傷は適切な処置を行わないと、症状が悪化したり、回復が遅れてしまったりすることがあります。当院の院長は自身のスポーツ経験を生かしながら、患者様にとって最善の治療を心がけております。再発防止のトレーニングも提供できますので、お気軽にご相談下さい。

スポーツ障害について

スポーツ外傷についてスポーツによる筋肉や関節のオーバーユーズが原因となり、痛みが生じ疲労骨折を引き起こす場合があります。

関節や骨等に負荷をかけながら、更に同じ動作を繰り返し行うことで、部位に炎症が生じ痛みを感じるようになります。症状がひどい場合は、筋組織の変性や破綻に繋がってしまうこともありますので、症状が軽度の段階で治療をすることが大切です。

ご相談の多い症状としては、野球肘・野球肩、テニス肘などの症状です。また、成長期のお子さんに多いのが、シンスプリントやオスグッドのような症状があげられます。

シンスプリントはジャンプ・ダッシュをメインで行うスポーツに発症しやすい症状で、すね部分や膝の内側に強い痛みを感じます。オスグッドは成長痛とも呼ばれ、 お皿の下の骨が徐々に突出して痛み出し、腫れや発熱を起こします。どちらも「身体の使いすぎ」によって起こるスポーツ障害で、安静はもちろん、適切な治療が必要です。

しかし、大事な試合を控えている方や、練習を休めないという方は、無理をしてしまうのが現状です。治療しながら、可能な範囲で練習できるようなアドバイスも行っておりますので、1人で症状を我慢することはせず、専門家に適切な判断を仰ぎましょう。

治療方法

普段の生活で転倒した際や、スポーツでケガをした際は、骨に異常が無いかを確認するために、整形外科でレントゲン検査を行う方が多いと思います。もちろん、医療機関での検査は重要です。しかし、レントゲン検査では、骨に異常がないとそれで診療が終わってしまうケースが多く、筋肉や腱の損傷が見逃されてしまうことも少なくありません。

整骨院は、レントゲン検査は出来ませんが、筋肉や腱の損傷に対しての改善を得意とします。骨に異常がない場合にも、その原因を突き止めてそれぞれに合わせた治療を行います。

治療は、ラジオ波・ハイボルテージをはじめとする治療機器を使用して行います。手技療法では限界がある深部の筋肉にアプローチが出来るので、回復に時間がかかってしまうような症状も、短期間での治療が可能です。また、ラジオ波は試合前のメンテナンスや試合後のケアにも高い効果があります。併用することの多い立体導体波という機械は、普段使用していない筋肉を活性化させてくれる効果もありますので、ケガの原因となっている筋肉を働かすことで、今後のケガの再発を予防することもできます。

治療だけではなく、治療後のケアや再発防止のためのトレーニングのアドバイスができるところも、患者様が通院するメリットです。スポーツ経験がある院長の治療を、是非受けてみては如何でしょうか?

 

TEL:03‐3749‐8164 メールでのお問い合わせ
世田谷区鎌田の治療院 向後整骨院 受付時間 9:00~20:00 ※▲:9:00~16:00まで	※予約優先
Tel.03-3749-8164 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
向後整骨院 Blog 向後整骨院 Facebook